老後まで末永く住める不動産を購入する時は、都会のど真ん中よりも、新緑が感じられる自然と触れ合える土地が良いと希望する場合も多いことです。但し現職として働いている最中は、通勤の都合上、東京を離れられないことも良くあることです。しかしその様な相反する希望がある場合でも、立川市なら双方の希望が叶えられる地域になっています。この地域には素晴らしい自然が楽しめるスポットとして、市が定めた十二箇所の場所をはじめ、その他でも自然と触れ合える場所が数々ある土地柄になっています。一方、この地域は通勤などでも有利な立地であり、例えば立川市駅から特快の電車を利用することで、新宿駅まで30分も掛からずに着くという移動拠点としての利便性があります。そのことから現職中に暮らす家と致しましても、適した立地条件を備えています。

立川市で一人暮らし~不動産屋さんへ~

立川市で就職が決まってこれから一人暮らしを始めるというサラリーマンの方もあるでしょうが、何かと仕事のことで忙しいような場合には、ゆっくりとマンションやアパートなどを探すことが出来ないというケースもあるでしょう。おまけに日中は仕事場にいるために、なかなか仕事の後に開いている不動産屋さんを見つける事が難しいという事もあるでしょう。そのような時には、まずインターネットや不動産情報の載っている雑誌などを参考にして、大まかに自分の住みたいエリアを探してみたりすることが大切になります。そうしておくことで、希望や理想などが自分でも分かってくるので、探しやすくなるというメリットもあります。そして、あらかじめ電話やメールなどで気になる物件を抑えておいてもらい、休みの日に一気に内見をするというようにすると、時間を無駄にする事もありません。

立川市の不動産はこれから期待できる

東京都の西部の中心都市は高尾や八王子というイメージをもっていました。だが、先日久しぶりに立川市へいってみるとそのイメージは覆ってしまいました。駅前の繁華街は非常ににぎやかでした。そして近くに地域医療支援病院が複数あり医療状況も良好です。加えて中央線や青梅線、多摩モノレールといった公共交通機関との連絡が良く、東京だけでなく近隣各県からの訪問も非常に楽で便利です。ショッピングセンターが近くにあり、美味しいお店やおしゃれなお店も多いため年配の方から子供まで幅広く楽しめるのが今の立川市という街です。このように現在面白く、将来の伸びも期待できそうな立川市の不動産の価値は今後も上がっていくのではないでしょうか。今度行くのは半年後くらいになりますが、その時に街の状況がどのように変化しているのかが今からとても楽しみです。